コンテンツマーケティング

【超簡単】誰でもできるWEBライティングのコツや注意点を一挙紹介!

X編集部
2022.02.15 10:39
Webライティング コツ

最近は紙媒体ではなく、WEB上に文章を記載するWEBライティングが一般的となってきました

WEBライティングを上手く活用することで、集客や売上を伸ばすことができます。

しかし、WEBライティングする上でコツをしっかりと抑えなければ、読者が最後まで読んでくれることはありません。

そこで今回は、誰でもできるWEBライティングのコツや注意点について紹介します。

「読者の興味を引くようなWEBライティングスキルを身につけたい」「WEBライティングで集客や売り上げを伸ばしたい」のであれば、ぜひ最後までご覧ください。

WEBライティングの目的

WEBライティングは集客と売上向上の2つが主な目的です。1つずつ解説します。

集客

WEBライティングは、集客を増やす手段の一つとして用いられます。メジャーな方法として挙げられるのが「SEO」。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」と言われています。ある特定のキーワードで検索した時に、検索上位に表示されることで自社サイトへの流入を狙う方法です。

もしあなたが検索したときに、何ページ目の記事までチェックしますか?

おそらく、ほとんどが「1ページ目しか見ない」という人が多いのではないでしょうか。

そのため、WEBで集客するためにはSEOを意識したライティングを行い、1ページ目以内に入り込むことが必要なのです。

売上向上

WEBライティングは売上を伸ばす手段としても有効的です。

例えば、自社でECサイトを運営しているとします。

いくら自社の商品やサービスが良くても、露出度が低かったり、魅力を十分に伝えられなかったりすると、売上を伸ばすことは難しいですよね。

そこで、商品の情報やそれに関連した情報を発信することで集客を獲得し、購入に促す文章を書くと売上を伸ばすことができます。

この一連の流れをコンテンツマーケティングと呼びます。コンテンツマーケティングをおこなうためにも、WEBライティングは欠かせません。

誰でもできるWEBライティングのコツ

WEBライティングといっても、日記のような文章を書くだけでは効果がありません。誰でもできるWEBライティングのコツを紹介します。

結論から述べる

WEBライティングでは、結論から述べましょう。

結論から述べないと、知りたい情報を見つけづらくなってしまうからです。

探している情報が見つからないと、ユーザーがページを離脱する原因となってしまいます。

例えば、「WEBライティング コツ」と検索したのに、「WEBとは~」「ライティングとは〜」などとツラツラ解説されても、探している情報とは異なりますよね。

WEBライティングのコツが最初に記載されている文章を読みたくなると思います。

このように、知りたい情報はまず最初に持ってくることがユーザーファーストであり、一番重要です。

WEBライティングをおこなう際は、結論から述べた後に理由を説明することを心がけましょう。

結論から述べる文章を作成する方法としてオススメなのがPREP法。

PREP法とは、以下の頭文字をそれぞれ取ってできたライティングテクニックです。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(実例・具体例)
  • Point(結論)

PREP法を用いることで、結論から述べる文章を作成することができて、ユーザーにストレスなく読んでもらえます。

ぜひ試してみてください。

見出しだけで内容が分かるようにする

見出しだけで記事の全体像が分かるようにしましょう。

ページを訪れたユーザーは、できるだけ早く自分が欲している情報を探したいはずです。

分かりやすい見出しにすることでユーザーが求めていた情報を探しやすくなり、ユーザーの満足度を上げることができます。

また、見出しを使うことで階層ができるので、文章全体がまとまって見えるようになるのです。

基本的に使う見出しは「見出し2」・「見出し3」です。

「見出し2」を連続して使うと、文章全体のまとまりが無くなるので、それぞれバランス良く使うようにしましょう。

一文を長くしない

一文が長くならないように気をつけましょう。

最近はパソコンではなく、スマホやタブレットでネットを利用するユーザーが増えてきました。

パソコンに比べて画面が小さいので、一文が長いと読みづらいと感じてしまいます。

そのため、長文になりそうであれば文章を区切ったり内容を簡潔にまとめたりなどの工夫をしましょう。

語尾を統一する

「〜です・〜ます」や「〜だ・〜である」などの語尾を統一しましょう。

語尾を統一しないと、文章が読みづらくなってしまうからです。

また、語尾だけではなく文章表記も統一しましょう。

冒頭では、「WEBライティング」と表記したにもかかわらず、後半は「ウェブライティング」と表記が異なってしまっては、ユーザーに誤解を与えてしまう可能性にも繋がります。

改行や箇条書きなどを用いる

訪れたページがぎっしりと文字が詰まった文章だった場合、多くのユーザーが読みづらいと感じるはずです。

その結果、最後まで文章が読まれず、離脱率を高める原因となります。

読みやすいページは、適度に改行や箇条書きで文章がまとめられていて、非常に分かりやすいです。

WEBライティングする際には常にユーザー目線に立ち、読みやすい文章になるよう心がけましょう。

誰でも理解できるような文章を心がける

誰が読んでも理解できるような文章を心がけましょう。

たとえユーザーが求めている記事を書いたとしても、専門用語が多く使われていたり、主語が無く、理解するのが難しい場合には最後まで読まれることはありません。

そのため、難しい内容であっても自分なりに解釈しながら中学生でも分かるような文章を心がけてください。

数字を使って具体的に説明する

説明する時には具体的な数字を用いましょう。

具体的な数字を用いることで説得力や信憑性が増すからです。

また、数字によってユーザーの興味・関心を惹きつけることができます。

数字の他に根拠となるデータがあれば、併せて添付しましょう。

ターゲットを絞る

WEBライティングする上で、どのようなユーザーに向けて情報を発信するのか、ターゲットを絞りましょう。

ターゲットを絞らない状態で記事を執筆した場合、情報が浅く誰にも刺さらない文章になるからです。

ターゲットを絞るのであれば、「ペルソナ」を設定しましょう。

ペルソナとは、サービスや商品を販売する上で決める架空の人物像のことです。

詳細に設定することで、対象となるユーザーを正確に絞ることができます。

ペルソナを設定する場合には、最低でも以下の内容を決めておきましょう。

  • 性別:男性 など
  • 職業:メーカー勤務 / アルバイト / 大学生 など
  • 趣味:読書 / フットサル  / スマホゲーム など
  • 悩み:ダイエットが上手くいかない / 肌荒れが治らない など 

WEBライティングする上での注意点

WEBライティングする上での注意点を3つ紹介します。

他のサイトをコピペしない

WEBライティングする上で絶対にやってはいけない行為があります。

それは他のサイトの文章をコピペすることです。

コピペとは、「コピー・アンド・ペースト」の略で、他のサイトで掲載されている文章をそのまま自分の記事にコピーすることを指します。

コピペは、他人が書いた文章を盗む「盗作行為」です。犯罪にあたる可能性もあります。また、コピペをすると検索順位が下がったり、自社の信用を失ったりと、良いことは一つもありません。

WEBライティングをする際は、決してコピペをしないようにしてください。

ただし、一部の内容を引用という形で明記していたり、表現方法が異なっていたりする場合にはコピペには該当しません。

数ある情報を自分なりに解釈して、自分の言葉で文章を作成することを心がけましょう。

同じ文末表現を繰り返さない

同じ文末表現を繰り返さないようにしましょう。

例としては以下の通りです。

「WEBライティングでは一文を長くしないことが重要です。一文が長いと読みづらいと感じてしまうからです。そのため、一文が長いと感じたら文章を2つに分けることが必要です。」

このように、同じ文末表現を繰り返してしまうと、ユーザーに稚拙な文章という印象を与えてしまいます。

読んでいる時のテンポも悪く、離脱率を高める原因となるのです。

最低でも2回以上同じ文末が続いた場合には、文末を変えましょう。

ライティングが終わったら一度見返す

ライティングが終わったら、一度見返しましょう。

文章を書いている時には気づかなかった誤字・脱字や同じ文末表現を繰り返している場合があるかもしれないからです。

ライティングが終わった直後に見返すのではなく、時間を置いてから見返すことで文章を客観的にチェックすることができます。

まとめ

今回は誰でもできるWEBライティングのコツや注意点について紹介しました。

WEBライティングは文章が書ける人であれば誰でも行うことができますが、訪れたユーザーを満足させて最後まで読んでもらうためにはコツが必要です。

これからWEBライティングで集客や売上を伸ばしたいのであれば、今回の記事を参考にWEBライティングスキルを伸ばしましょう。

\ X BUZZの定額リスティングサービス /
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

カテゴリから記事をさがす

カテゴリ
タグ