リスティング広告運用
Yahoo!広告

Yahoo!広告とは?Yahoo!広告の特徴から始め方まで解説

X編集部
2021.04.26 12:22
Yahoo!広告 とは

リスティング広告といえば、Google広告を思い浮かべる方は多いと思います。しかし、日本国内でリスティング広告を運用するならYahoo!広告も効果的です。

とはいえ、以下のようなお悩みをお持ちの方もいるでしょう。

「Yahoo!広告とは何?」
「Yahoo!広告の始め方が分からない…」

本記事ではYahoo!広告の概要・種類・始め方などを解説します。

画像付きでYahoo!広告の始め方も解説するので、本記事を読めばすぐにYahoo!広告を始められます。

Yahoo!広告とは

Yahoo!広告 とは 種類

Yahoo!広告は日本一のポータルサイトであるYahoo!JAPANに広告を配信できるサービスです。

Yahoo!広告では検索連動型広告を「検索広告」と呼び、コンテンツ連動型を「ディスプレイ広告(YDA/YDN)」と呼びます。

検索広告

検索広告はユーザーがYahoo!JAPANで検索したときの検索結果に表示されるテキスト広告を指します。

「キーワードで検索するユーザー=興味関心が強いユーザー」と考えられるため、検索広告は強い興味関心・ニーズを持つ顕在層にアプローチしやすいです。

また、検索広告は「クリック課金(CPC課金)」を採用しているので、ユーザーが広告をクリックしたときに課金されます。

検索結果に表示されるだけなら費用は発生しません。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はYahoo!JAPANが提携しているWebサイトやアプリなどに表示されます。検索広告とは異なり、画像広告や動画広告を配信できるのが特徴です。

ディスプレイ広告には「予約型」と「運用型」があります。
以前の「Yahoo!プレミアム広告」と「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」が、それぞれ現在の予約型・運用型に当たります。

予約型はYahoo! JAPANの一番目立つ場所に広告を配信できるため、認知度アップを狙う場合におすすめです。ただし、予約型の課金システムはインプレッション保証型なので掲載自体に費用が発生します

運用型はユーザーの属性・閲覧履歴・検索キーワードなどのデータをベースに広告を配信するため、コンバージョンにつながりやすいのが特徴です。運用型の課金システムはクリック課金制なので広告費が変動しやすく、出稿後は日々の確認と改善が欠かせません

Yahoo!広告の特徴

Yahoo!広告の特徴を以下の2点から紹介します。

  • 掲載先
  • 費用

それでは1つずつ見てみましょう。

掲載先

Yahoo!広告は検索広告とディスプレイ広告で掲載先が異なります。

検索広告はYahoo!JAPANの検索結果だけでなく、Yahoo!JAPANが提携するWebサイトで表示されるのが特徴です。

ディスプレイ広告はYahoo!JAPANが提供するさまざまなコンテンツページに表示されます。

掲載先の例

  • 検索広告:Yahoo!JAPANの検索結果・excite・朝日新聞DIGITAL・Amebaなど
  • ディスプレイ広告:Yahoo!ニュース・Yahoo!知恵袋・朝日新聞DIGITAL・クックパッドなど

Yahoo!広告は大手企業の公式サイトに配信されますが、個人サイトでは配信されません。

費用

Yahoo!広告の検索広告とディスプレイ広告(運用型)は「クリック課金制(CPC課金)」を採用しています。

クリック課金制はユーザーがクリックしたときに課金されるシステムのため、広告が表示されただけではコストは発生しません。

※ディスプレイ広告(予約型)は「インプレッション型課金」なので、掲載自体に費用がかかります。

Yahoo!広告ではクリック1回あたりのコストや1日あたりの予算を設定できるのも特徴です。

ただし、日予算をあまりにも低く設定すると上限額にすぐに達し、配信も自動停止するので注意してください。

Yahoo!広告を運用するメリット

Yahoo!広告を運用するメリットは以下の通りです。

  • 信頼性の高い媒体に掲載できる
  • 低予算でスタートできる

1つずつ解説していきます。

信頼性の高い媒体に掲載できる

Yahoo!広告は信頼性の高い媒体に掲載できるのが大きなメリットです。

Yahoo!広告の掲載先はYahoo!JAPANが提携するWebサイトであり、個人サイトには掲載されません。

自社のブランドイメージを崩す心配もなく、安心して広告を出稿できます。

信頼性のあるWebサイトに掲載されることで、広告に対する信頼度の向上も期待できます。

低予算でスタートできる

Yahoo!広告は低予算でスタートできるのがメリットです。

Yahoo!広告ではクリック1回分の費用や1日の上限予算をあらかじめ設定できるため、自社の予算に合わせて無理せず運用できます

予想以上に広告費用が発生する心配もありません。

Yahoo!広告がおすすめのシーン

Yahoo!広告を利用すべきシーンは以下の3つです。

  • ターゲットの年齢層が高い
  • Google広告で結果が出ない
  • 安全なサイトにだけ広告を掲載したい

1つずつ解説します。

ターゲットの年齢層が高い

自社商品・サービスのターゲットの年齢層が高い場合はYahoo!広告を利用するのがおすすめです。

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズの調査によると、検索サイトとしてYahoo!を利用すると答えた人の割合は以下の通りでした。

  • 20代:40.1%
  • 30代:52.5%
  • 40代:55.9%
  • 50代:55.9%
  • 60代:56.5%

参考:あなたはどっち派?Yahoo!とGoogleの検索ユーザレポート

年齢が上がるにつれてYahoo!を利用する人の割合が増えることが分かります。

自社商品・サービスのターゲットの年齢層が高い場合はYahoo!広告を積極的に活用してください

Google広告で結果が出ない

「既にGoogle広告を利用しているが、成果につながらない…」という場合もYahoo!広告がおすすめです。

Google広告とYahoo!広告では配信先が異なるため、アプローチできるユーザー層も変わってきます

アプローチできるユーザー層が変わることで、広告成果の変化を期待できます。

安全なサイトにだけ広告を掲載したい

安全で信頼できるサイトにしか広告を出したくない場合もYahoo!広告がピッタリです。

Yahoo!広告はYahoo!JAPANが提携する法人サイトでしか配信されないため、広告出稿側のイメージを傷つけるリスクも低いです。

また、Yahoo!広告は広告掲載面に対するパトロールを人の目とシステムで24時間行います。

広告掲載面に関する審査体制がしっかりと整っているので違法サイトに掲載される心配もありません。

Yahoo!広告の始め方

Yahoo!広告は以下の手順で始められます。

  1. Yahoo!JAPANビジネスアカウントを取得
  2. 広告の運用方法を選ぶ
  3. 広告費用の支払方法を設定
  4. 広告の作成・審査

画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてください。

※広告主が本人であることを確認するために本人確認書類のアップロードが必要な場合もあります。「商業・法人登記事項証明書」や「官公庁職員身分証明書」などが必要なので、本人確認書類をあらかじめ用意するのがおすすめです。

1.Yahoo!JAPANビジネスアカウントを取得

Yahoo!広告 とは 始め方

Yahoo!広告を始めるには「Yahoo!JAPANビジネスアカウント」を取得しなければなりません。

Yahoo!広告のトップ画面から「広告のお申し込み」をクリックしてください。

Yahoo!広告 とは 始め方

画面が切り替わると、会社情報・管理者情報・認証情報の入力を求められます。

必要事項を入力してください。

必要事項を入力して認証確認も終わると、Yahoo!JAPANビジネスアカウントの作成は完了です。

2.広告の運用方法を選ぶ

Yahoo!広告 とは 始め方

Yahoo!広告には「広告管理ツール」と「らくアド」の2種類の運用方法が用意されています。

広告文やキーワードを自分で設定したりクリック単価の調整をしたりしたい場合は広告管理ツールを選びましょう。

初めて広告を運用する場合や運用はシステムに任せたい場合はらくアドがおすすめです。

3.広告費用の支払方法を設定

Yahoo!広告 とは 始め方

広告の運用方法を選択すると、Yahoo!広告のダッシュボード画面へ切り替わります。

「検索広告」と「ディスプレイ広告」のどちらかをクリックし、「資金管理」から広告費用の支払方法を設定しましょう。

支払方法は銀行振込とクレジットカードの両方に対応しています。

ただし、銀行振込はアカウント残高に反映されるまで3営業日かかるので気をつけてください。

すぐに運用を始めたい方はクレジットカードがおすすめです。

4.広告の作成・審査

Yahoo!広告 とは 始め方

「検索広告」か「ディスプレイ広告」のどちらかをクリックします。

上部の「キャンペーン管理」タブをクリックすると画面が切り替わります。

左側にある「新規作成」から広告を作成してください。

作成後はYahoo!側で審査が行われます。審査に通れば、広告の配信が実際にスタートします。

Google広告との併用がおすすめ

予算が許す場合はYahoo!広告はGoogle広告と併用するのがおすすめです。

2020年10月時点でのGoogleとYahoo!の検索シェアは以下の通りです。

GoogleYahoo!
パソコン79.69%12.48%
スマートフォン74.51%24.85%

参考:Desktop Search Engine Market Share Japan

パソコンとスマートフォンのどちらも、GoogleとYahoo!で国内検索シェアの90%以上を占めることが分かります。

Google広告とYahoo!広告の両方に出稿することで日本国内のほとんどのユーザーをカバーできます。

また、Yahoo!広告は「Yahoo!ニュース」や「Yahoo!天気」のような各種サービスにも掲載されるため、Google広告だけでは届かないユーザーにもアプローチしやすいです。

おわりに

本記事ではYahoo!広告の概要・特徴・メリットなどを解説しました。

Yahoo!広告はGoogle広告と並ぶ国内のリスティング広告の代表的な存在です。

また、Yahoo!広告は信頼できる企業サイトにのみ表示されるので、安心して利用できます。

本記事ではYahoo!広告の始め方も解説しているので、まだ利用したことがない方はぜひYahoo!広告でも出稿してみてください。

本記事がYahoo!広告を知りたい方の参考になれば幸いです。

\ X BUZZの定額リスティングサービス /
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

カテゴリから記事をさがす

カテゴリ
タグ