コンテンツマーケティング

WEBライティングで重要なのは構成?作り方やポイントについて解説!

X編集部
2022.02.16 11:53
Webライティング 構成

WEBライティングを行う上では、ライティングスキルなどが必要になってきますが、一番重要なのは構成です。

構成によって記事のクオリティが決まると言っても過言ではありません。

構成の作り方やポイントを抑えることで、今よりも更に多くのユーザーから読まれる記事を作成できます。

そこで今回は、WEBライティングを行う上で構成が重要な理由や構成の作り方・ポイントなどについて解説します。

WEBライティングで構成が重要な理由

WEBライティングで構成が重要な理由は主に以下の3つです。

  • 順序立てて文章が作成できる
  • 主張が一貫できる
  • スムーズに記事を作ることができる

1つずつ解説します。

順序立てて文章が作成できる

ユーザーから最後まで読んでもらえる記事の特徴として挙げられるのが「読みやすさ」です。

文章を読みやすくするためにはストーリーを展開し、順序立てて説明する必要があります。

WEBライティングによって、自社の商品を購入してもらうアクションをユーザーに促す場合、最初から自社の商品をアピールしても購入には繋げられません。

まずはユーザーが求める解決策を提示した上で、最後に自社の商品を訴求するなどの順序立てが重要です。

構成があることで、文章を順序立てて作成することができ、ユーザーの納得度を高めて商品の購買率を上げることができます。

主張が一貫できる

構成を作らずにライティングすると、主張がブレて最終的な答えがあやふやになってしまい、当初のテーマと大きくズレてしまうということも珍しくありません。

その結果、ユーザーが求める答えを提示できず、大幅な修正が必要となる場合もあります。

しかし、構成を作ると、ズレることなく主張を一貫することができます。

スムーズに記事を作ることができる

文章が思い浮かばず、記事の作成に時間がかかるという人も少なくありません。

しかし、構成を事前に作成することで文章に悩まなくなります。

構成に沿ってライティングすることができるので、作業効率が上がり以前よりもスムーズに記事をライティングすることが可能です。

記事の全体的な構成

記事の全体的な構成は、「導入文」「本文」「まとめ文」の3つです。順番に紹介します。

導入文

導入文とは、見出しや目次よりも一番最初に表示される文章です。

導入文によって記事の全体像が把握できるので、ユーザーがその記事を読むかどうかを判断する重要な文章となります。

導入文にはユーザーの悩みや疑問を示すことで共感を生み、解決できる内容を伝えることで最後まで読みたいと思わせることができるのです。

本文

本文は、記事のメインとなる部分です。

ユーザーが抱える悩みや知りたい情報について、解決策や根拠となるデータを提示しましょう。記事への信頼性を高めることができます。

また、本文をライティングする上では、同じ文末を連続して使わない・一文を短くするなどのポイントにも注意が必要です。

ライティングのルールについてより詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

また、本文においては見出しも重要です。

見出しをつけることで、ユーザーが求める情報を見つけやすくなります。見出しを見ただけで何が書いてあるのかわかるようにしましょう。

まとめ文

まとめ文では、記事の内容を簡潔にまとめてユーザーに改めて伝えることができます。

ユーザーの中には流し読みして本文をあまり理解できていないという人も少なくありません。

まとめを書くことで再度理解してもらう機会を設けることができます。

構成から記事を作る5つのステップ

実際に構成から記事を作る際は、以下の5つのステップが必要です。

  1. キーワードの選定
  2. ペルソナの設定
  3. 見出しやタイトルの作成
  4. 記事のライティング・装飾
  5. 記事のリライト

1つずつ解説します。

1.キーワードの選定

まず始めにキーワードの選定から行いましょう。

キーワードの選定は、作成する記事によって異なります。

例えば、記事のテーマが「転職」の場合、ユーザーはどのようなワードを検索するでしょうか。

転職を考えている人が検索するはずなので、「転職エージェント オススメ」や「転職 志望動機」などのキーワードが考えられます。

ただし、キーワードによって需要が大きく異なります。あまり需要のないキーワードもあるので注意が必要です。

キーワードを選定する上でオススメなのがラッコキーワード。ラッコキーワードは、自分が選定したキーワードと関連しているキーワードを抽出してくれるツールです。キーワード選定が非常に簡単になるので、ぜひ試してみてください。

2.ペルソナの設定

2つ目はペルソナの設定です。

ペルソナとは、商品やサービスの販売において設定する架空の人物像のことを指します。

「転職エージェント オススメ」というキーワードの場合、例えば以下のようなペルソナが想定されます。

  • 年齢   :20代
  • 性別   :男性
  • 家族構成 :独身/既婚者
  • 最近の悩み:現在の職場に満足していないため転職を考えており、オススメの転職エージェントを探している

ペルソナを設定することで、より明確なユーザーに刺さる記事となります。キーワードごとにペルソナを設定しましょう。

3.見出しやタイトルの作成

3つ目は見出しやタイトルの作成です。

タイトルは検索結果に表示されるので、検索したユーザーが読みたいと思うようなタイトルを心がけましょう。

見出しは記事の骨格となる部分です。ユーザーが情報を探す目印にもなるので、一目見ただけで書いてある内容がわかるようにする必要があります。

先ほど紹介したラッコキーワードでは、上位サイトのタイトルと見出しを抽出する機能も搭載されているので積極的に使ってみましょう。

4.記事のライティング・装飾

4つ目は記事のライティング・装飾です。

競合記事を見比べながらユーザーが求める情報やデータをまとめて、自分なりに解釈してわかりやすく表現する必要があります。

ライティングのコツについての詳細な内容は、こちらの記事をご覧ください。

ライティングが完了したら、記事の装飾を行いましょう。

装飾することで、ユーザーにとって見やすく分かりやすい記事を完成させられます。

見出しごとに画像を挿入したり、重要な部分には太字やマーカーをつけたりするなど、ユーザーファーストで考えることが重要です。

5.記事のリライト

最後の5つ目は記事のリライトです。

リライトとは、更に多くのユーザーに記事を見てもらうために、文章や見出しを追加したり書き直したりすることです。リライトすることによって、ユーザーに最新の情報を伝えることができて、記事の信頼性の向上に繋がります。

Googleから評価されて上位表示に繋がることも珍しくないので、定期的に記事をリライトしましょう。

構成を作る上でのポイント

構成を作る上でのポイントを以下の4つ紹介します。

  • 記事の目的を明確にする
  • 他の記事と差別化する
  • 本文が長くなりそうな場合は見出しを増やす
  • タイトルや見出しには必ずキーワードを入れる

記事の目的を明確にする

記事を作成する際は、目的を明確にする必要があります。

記事は作成することが目的ではなく、読んでもらったユーザーの悩みを解決し、アクションを起こしてもらうことが目的だからです。

記事を作成する目的を履き違えないように注意しましょう。

他の記事と差別化する

ネット上では競合となる記事が数多く存在しています。

その中で検索結果の上位表示させるためには、差別化をしなければいけません。差別化するためには、オリジナル要素を含めるようにしましょう。

わかりやすい文章にするために例文を用いたり、実体験を加えたりするなどの方法がオススメです。

本文が長くなりそうな場合は見出しを増やす

1つの見出しに対してあまりにも文章量が多いとユーザーが退屈してしまい、離脱する原因にもなります。

そんな時には見出しを増やすことも考えるべきです。見出しを増やすことで、文章にまとまりがでてきます。

また、1つの見出しに対して伝える内容は1つにしましょう。

一度に複数の内容を伝えてしまうと、伝える内容にまとまりがなくなり、ユーザーが理解しづらくなるからです。上手に見出しを活用しましょう。

タイトルや見出しには必ずキーワードを入れる

タイトルや見出しには必ずキーワードを入れる必要があります。

キーワードを入れることで、Googleから評価され記事を上位表示できるため、ユーザーから読んでもらえるようになるからです。

タイトルが長すぎると後半が省略されてしまうので、キーワードは前半に入れましょう。

また、見出しにキーワードを入れる際には文章がおかしくならないよう、あくまでも自然に入れる必要があります。

また、タイトルや見出しのみならず、本文にもキーワードを入れることも重要です。

まとめ

今回は、WEBライティングを行う上で構成が重要な理由や構成の作り方・ポイントなどについて解説しました。

構成を作ることによって順序立てて文章が作成できたり、スムーズに記事を作れたりするなどのメリットがあります。

そのため、WEBライティングにおいて記事の構成は非常に重要です。

今回の記事を参考に、構成の作り方やポイントを抑えた上で、多くのユーザーから読まれるような記事を作成してみましょう。

\ X BUZZの定額リスティングサービス /
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

カテゴリから記事をさがす

カテゴリ
タグ