リスティング広告運用
Google広告

YouTube広告は代理店に任せるべき?メリット・デメリットを徹底解説

X編集部
2022.05.26 12:37
YouTube広告代理店 おすすめ 選び方

「YouTube広告をやってみたいけど、代理店に任せていいのかな?」
「おすすめのYouTube広告代理店を知りたい!」

このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか。

本記事では、YouTube広告を代理店に任せるメリット・デメリットと、おすすめのYouTube広告代理店3選をお伝えします。失敗しない代理店選びの方法も解説していますので、ぜひじっくりとお読みください。

YouTube広告は自社で運用できないの?

結論、YouTube広告は自社で運用できます

しかし、すぐに成果を出すのは難しいです。

YouTube広告のノウハウやコツを一から勉強し、効果的な手法を探りながら運用することになるからです。

また、広告運用に特化した代理店と同程度の成果を出し続けるためには、常に最新情報を追う必要があります。

こういった手間や時間・費用をかけられる状況であれば、自社で運用しても問題ないでしょう。

しかし、すぐに成果を出したい場合や最大限の成果を求める場合は、自社で運用するよりも代理店に任せるのが無難です。

YouTube広告を代理店に依頼するデメリット

YouTube広告の運用を代理店に依頼するデメリットとしてよく挙げられるのが「手数料がかかる」点です。自社で運用すれば生じなかった手数料を支払わなければならないという点をデメリットに感じる方は一定数います。

たしかに、YouTube広告に精通した人材が社内にいれば手数料が無駄になるのは事実です。

しかし、YouTube広告に関するノウハウやスキルが無い状態なのであれば、手数料が無駄だとは言い切れません。

YouTube広告について一から学習したり、詳しい人物を登用したりするための費用は、手数料の比にならないからです。費用だけでなく時間もかかります。

さらに、YouTube広告が不要になった場合、上記の時間や費用は水の泡です。

数万円の手数料でYouTube広告に精通したプロへ運用を依頼できる点は、むしろメリットだと捉えられます。不要になった場合も解約するだけで済みます。

YouTube広告を代理店に依頼するメリット

YouTube広告を代理店に依頼するメリットは、主に以下の3つです。

  • 成果に期待できる
  • 本業に集中できる
  • コストパフォーマンスが良い

それぞれ詳しく解説します。

成果に期待できる

代理店はプロです。YouTube広告の運用ノウハウを持ち合わせています。業界や規模・予x算・運用目的など、パターン別の過去データもたくさん蓄積されています。また、常に最新情報を追っているため、トレンドに応じた効果的な運用が実現可能です。

自社で本業の傍らに運用するよりも、プロである代理店に任せた方が成果に期待できます

本業に集中できる

YouTube広告を代理店に依頼すると、社員は本業だけに集中できます。

YouTube広告について勉強したり情報収集したり、運用したりする手間や時間をすべて本業に充てられるからです。

本業に集中することでサービスや商品のクオリティを上げることができ、よりYouTube広告の成果を伸ばせるといったメリットもあります。

コストパフォーマンスが良い

代理店への依頼には手数料がかかりますが、自社で運用する時間・手間・費用と比べると圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。

社内でYouTube広告専業の人材を育成するのには最低でも半年かかりますし、人件費として月20万円~30万円以上の費用が必要になります。成果も確約されません。

一方で、代理店の場合は月数万円の手数料でYouTube広告の運用を任せられます。教育コストや採用コストもかかりません。社内で育てた担当者が退職するリスクを考える必要もないです。すぐに成果をあげることもできます。万が一成果が出なかった場合も、他社への乗り換えが可能です。

YouTube広告代理店の選び方

YouTube広告代理店を選ぶ際は、以下の5ポイントに着目しましょう。

  • サービス内容は何か?
  • 手数料はいくらか?
  • 契約期間はどれくらいか?
  • アカウントを開示してもらえるか?
  • 他の広告にも対応しているか?

それぞれ詳しく解説します。

サービス内容は何か?

YouTube広告運用代行のサービス内容は、代理店ごとに範囲が異なります。

動画・画像等のクリエイティブ制作まで承っているところもあれば、制作には全くかかわらず、広告の運用代行のみを行う代理店もあります。

自社がどこまで必要としているかを明確にしつつ、必要な範囲をすべて任せられる代理店を選びましょう。

手数料はいくらか?

YouTube広告運用代行にかかる手数料をチェックしましょう。

運用代行手数料の決め方は代理店ごとに異なり、どのスタイルが合うかは会社によって異なるからです。

  • 料率型:広告運用額に連動して手数料も変化する
  • 定額型:運用額のステージに応じて定額の手数料がかかる(例.運用額20万円までは3万円、21~40万円は5万円)
  • 成果報酬型:広告の成果によって後から手数料が決定する

上記の料金体系とあわせて、手数料に含まれるサービス内容もきちんと確認しておくことをおすすめします。

手数料が同じでも、サービス内容が異なるケースは多いからです。

また、一見手数料が安く見えても、含まれるサービス内容が少なく、オプション費用がかさんでしまう可能性もあります。

予算や求める内容に対してどれくらいの手数料がかかるのか、オプション費用も含めてシミュレーションしておくと安心です。

契約期間はどれくらいか?

最低契約期間はチェック必須です。

「数ヶ月運用しないと成果が分からない」「1ヶ月だけでは成果が出し切れない」等の理由で最低契約期間を設けているYouTube広告代理店は少なくありません。

しかし、最低契約期間が長すぎる場合、満足できない運用結果が数ヶ月以上続いても他社に乗り換えることができなくなってしまいます。ただ予算が無駄になるだけです。

満足できる運用結果を求めるためには、最低契約期間を設けていない代理店を選ぶことをおすすめします。

アカウントを開示してもらえるか?

YouTube広告運用代行を行う会社の中には、自社のノウハウを守るためにアカウントを開示しない代理店がいます。

どのような理由があろうと、アカウント開示に対応していない代理店は避けるのが賢明です。

アカウントの中身を見せない=ずさんな運用をしている可能性があります。

また、アカウントが非開示だと解約時にアカウントを引き継げず、また一から運用を始めることになってしまいます。

アカウントを開示している会社の方が信用度が高く、解約時も自社に運用ノウハウを残せるのでおすすめです。

他の広告にも対応しているか?

代理店が、YouTube広告以外にも対応しているか確認しておくと安心です。

サービス・商品の内容が必ずしもYouTube広告に適しているとは限らないからです。YouTube広告が合わないと分かったとき、他の広告にも対応している代理店であれば、リスティング広告やSNS広告などを提案できます。

また、複数の広告を組み合わせた方が成果が伸びるケースも多いです。

広告の成果を最大限発揮するためには、幅広くさまざまな広告に対応している代理店を選ぶのが良いです。

YouTube広告代理店おすすめ3選

YouTube広告の成果が出るかどうかは、代理店選びにかかっていると言っても過言ではありません。

そこで、おすすめできるYouTube広告代理店を3社厳選してお伝えします。

【弊社】株式会社クロスバズ

株式会社クロスバズ

弊社クロスバズでは、手数料2万5千円~のお手頃価格でYouTube広告運用代行サービスを提供しています。手数料が定額型なのも特徴で、料率型と比較すると非常にお得です。

株式会社クロスバズ 料金表
△よくある料率型(手数料20%)と弊社の定額型を比較

また、弊社では広告の最低予算額も設定していません。少額から運用を始めたい方も大歓迎です。

契約期間の縛りもないので、合わないと感じたらすぐに他社へ乗り換えていただくことができます。

少しでも気になる方は、ぜひ一度お問い合わせください。無料のオンライン相談を承っております。ご希望される場合は、アカウント分析も無料で実施させていただいております。

会社名株式会社クロスバズ
手数料月額2万5千円~(定額型)
最低予算額なし
契約期間縛りなし
YouTube広告以外のサービスリスティング広告(Google・Yahoo!) / ディスプレイ広告 / LINE広告 / Twitter広告 / Facebook広告 / LP制作 / Shopify構築など
主要顧客層中小~ベンチャー企業、小規模事業主

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント

インターネット広告業界で売上1位を誇る「サイバーエージェント」。その名を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

最低予算額は月額500万円~と非常に高いですが、広告運用力とクリエイティブの質の高さには期待できます。

大きな予算で広告を打ち出していきたい方には間違いない代理店です。ぜひ一度問い合わせてみてください。

会社名株式会社サイバーエージェント
手数料明記なし
最低予算額月額500万円~
契約期間明記なし
YouTube広告以外のサービスリスティング広告 / Twitter広告 / Facebook広告 / Instagram広告 / LINE広告など
主要顧客層大企業

株式会社ユニアド

株式会社ユニアド

株式会社ユニアドは、広告運用のみに特化した代理店です。YouTube広告はもちろん、リスティング広告やFacebook広告・Instagram広告・LINE広告などにも対応しています。

運用手数料は広告費の20%。予算が50万円の場合は10万円が手数料となります。

気になる方は資料請求してみると良いでしょう。過去の実績や詳しいサービス内容を知ることができます。

会社名株式会社ユニアド
手数料広告費の20%(料率型)
最低予算額明記なし
契約期間縛りなし
YouTube広告以外のサービスリスティング広告 / Facebook広告 / Instagram広告 / LINE広告など
主要顧客層大企業~中小企業

おわりに

本記事では、YouTube広告を代理店に依頼するメリット・デメリットと失敗しない代理店の選び方5つを解説し、最後におすすめのYouTube広告代理店3選を紹介しました。

どの代理店を利用するか、なんとなく見当はついたでしょうか。

どこを選べばいいか分からない場合は、ひと通り問い合わせてみることをおすすめします。問い合わせ自体は無料なので、話を聞いてみて良いと思ったところに依頼することができます。

今回良い代理店が見つからなかった場合は、記事内で紹介した選び方5点に基づいて納得できる会社を見つけてみてください。

\ X BUZZの定額リスティングサービス /
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

カテゴリから記事をさがす

カテゴリ
タグ